カラーの色持ちを良くしたい方のための解決方法!

2019-07-18(木)  投稿者:斎藤舞香   カテゴリー:ブログ,西長岡店

こんにちは!

美容しょうへいの店西長岡店の

斎藤です!!

美容技術の中で私はカラーリングが大好きです!!

日々たくさんのお客様をヘアカラーさせて頂いている中お客様から気になることや、お悩みでよく聞くことと言えば「ヘアカラーの色持ちが悪い」という事。

「今日染めたヘアカラーがいつまで色持ちしますか?」

これは本当によく聞くお悩みです。

恐らく一度は担当の美容師さんに聞いたことがあると思います。

この【色持ちを良くする】というお悩みに有効な方法はたくさんあるんです!

実際に聞いていると「多すぎてよくわからない・・・」「めんどくさい・・・」

と言った思考が働き結局しない、、

そんな方に今回は【とりあえずこれだけはやっておこう】という色落ちを防ぐ方法をご紹介します。

何から実践したらわからない方はここから取り組みましょう。

1)シャンプーの仕方を見直す

色落ちの一番起こる場所はお風呂でのシャンプー&トリートメントです。

これは紛れもない事実です。ここを見直さない限りはいつまでも色持ちが良くなることはありません。

そんなシャンプー&トリートメントでして欲しいこと!!

2)その日は髪を洗わない

カラーが髪になじむのには最低24時間かかると言われています。薬剤で髪を膨らませその中に色の粒を入れるのがヘアカラーの仕組みです。

しかし、施術日当日はまだ髪が膨らんでいるいわゆる水に馴染みやすい状態で、カラーリングで髪にいれた色は水だけで簡単に流れ出てしまう状態なのです。

特にダメージ毛の方ほど髪の毛は水に馴染みやすいので色だけでなく髪に大切なタンパク質まで流れ出す可能性もあります。

ブラウン系や白髪染め、午前中に染められた方などは気持ち悪いと思うので構いませんが、特に特殊カラーや大幅な色味チェンジをされた方は髪を洗うのを1日我慢したほうが良いです。

もしどうしてもシャンプーをしたい場合にはシャンプーは頭皮をメインに、トリートメントは揉み込みすぎない事に気をつけましょう。

髪の汚れは水だけでも十分綺麗になります。必要以上にシャンプーで洗いすぎるとシャンプーの洗浄力で毛先の色がどんどん落ちていきます。

油分が気になる頭皮を中心に洗うようにしましょう!

そしてトリートメントのつけ方にも注意が必要です。つける時に揉み込みすぎると髪の内部の色素も一緒に揉み出してしまいます。

お家でするトリートメントは髪のかなり内部に浸透するものではありません。

そういった成分は美容院でしか補給できません。お家でのトリートメントの一番の目的は髪の内部補修ではなく美容院で補給したたんぱく質など流出を防ぐことと、コンディションを良くすることです。

ですから揉み込みすぎる必要は全くありません。中間から毛先につけて洗い流してください。

3) カラー専用のシャンプー&トリートメントを必ず使う

これは本当に必須です!!

色持ちしたいのに市販のシャンプーでは何がどう起こっても色持ちすることはありません。

色持ちさせたいのであればカラー専用のシャンプー&トリートメントを必ず使いましょう。

次はシャンプー以外に、ここを意識するだけで色落ちを防ぐことができる方法をご紹介します。

シャンプー以外での色落ちの原因としては紫外線やドライヤーやコテなどが主流ですが、どうしようもない部分も多く意識しづらいのも現状です。

そこを分かりやすく髪の毛をどうしておけばいいのかだけをお伝えします。

1) カラーを1〜2トーン暗めに染める

明るいヘアカラー程、色素が薄く色が抜けやすい傾向にあります。

いつもより1〜2トーン暗めに染める事で色持ちが良くなります。

だいたい8レベル以下くらいの明るさだと長持ちするかと思います。

またブリーチをすると色落ちが早くなってしまいます。

ブリーチを使うグラデーションカラーやダブルカラーといったヘアカラーは綺麗な色味が出る反面、退色が早いといったデメリットもあります。

長くカラーを楽しみたいのであれば、ブリーチを使う際は、一度ご相談ください。

2) オイルタイプの洗い流さないトリートメントで保護する

紫外線、摩擦、乾燥、そういったことにより毛髪のキューティクルなどが傷み色味やたんぱく質が流出しやすい状況を作らないことが必須です。

乾いた状態からしっかりと保護しておくことでそういった原因を防ぐことが大切です。

オイルタイプのトリートメントは表面の保護にとても効果的です。もちろんコテやアイロンなどを使う方にもオイルで保護しておくことで熱から髪の毛を守ってくれます。

洗い流さないトリートメント=手触りの向上だけではなく色落ちを防ぐ意味で使ってもらいたいですね。

3) 毎日しっかり乾かす

髪が濡れている状態の時はキューティクルが開いています。

その開いたキューティクルからカラー色素が流出したりダメージの原因にもなります。

乾いた状態の時はキューティクルが閉じた状態となりますので、必ず髪の毛は乾かしましょう。

乾かす前にクリームタイプやオイルタイプの洗い流さないトリートメントをつけてしっかりと保湿して乾かしましょう。

クリームタイプとオイルタイプの洗い流さないトリートメントを効果的に使い分けることでかなり日々のライフスタイルでのケアはできると思います。

クリームタイプのトリートメントは髪の内部にまで浸透してくれます。

ダメージケア用や保湿用などさまざまな種類があるので自分に合ったものを使うと良いです。

オイルタイプのトリートメントは表面の保護や質感を良くしてくれます。

外部からのダメージ、紫外線予防などにも効果的です。

4) アイロンやコテの使い方を見直す

髪の毛は熱に弱く、過度の熱を与えるとタンパク変性という現象を引き起こします。

髪の毛への熱ダメージは色落ちの大きな原因となりますので、アイロンやコテの使い方は大変重要となってきます。

・アイロン・コテの温度

様々な意見や考え方はありますが、だいたい140度〜160度くらいの少し低めがいいと思います。

この際注意しなくてはならないのは【長時間挟みすぎない事】です。

3秒以上は挟まないようにしましょう。

その部分だけ色が抜けてしまう場合があります。

難しいことはせず、日々継続することが何より大切なのでまずはできることからやってみましょう。

必ず色落ちしにくくなるはずです!

ぜひ今日から実践できるのでやってみてください!!

Writer 匠カラー舞香(斎藤 舞香)(さいとう まいか)

img_intro img

Written by: 匠カラー舞香(斎藤 舞香)(さいとう まいか)

最新スタイル

春らしいボブのふんわりパーマスタイル

かきあげ前髪が色っぽいカジュアル...

△ページの先頭へ戻る