好きなものを書いてみました!②

2019-04-24(水)  投稿者:石堀慶   カテゴリー:ブログ,今朝白店

こんにちは!

K-POP大好き、ハロプロ大好き、

YouTubeが大好きなぼりりんこと石堀です☺︎

暖かくなり長岡の桜も満開になりました。

先日悠久山に行ってきて桜が咲いた嬉しさと同時にもうすぐ夏が来るなーなんて思ってしまいました(笑)

さて、前回私が好きなもの”K-POP”について書かせてもらったのですが、今回は”ハロプロ”について書いていこうと思います!!

・ハロプロとは

ハロー!プロジェクトの略でアップフロントプロモーションをはじめとするアップフロント系列の芸能事務所に所属する女性アイドルグループ・女性アイドルタレントの総称。

2014年までは主につんく♂さんが総合プロデュースを手掛けていました。

わかりやすいグループで言えば、モーニング娘。が誰もがピンとくると思います。

わたしは保育園から小学校低学年くらいがモーニング娘。世代なので、そのころは後藤真希さんのファンでした。

モーニング娘。ブームが過ぎてわたしもジャニーズやK-POPなどにハマり、モーニング娘。はあまり興味がなくなっていました。ですが、5年前にYouTubeで見たMVがめちゃくちゃカッコよくて再びハマることになります。

それが2013年に出た”わがまま気ままな愛のジョーク”という曲です。

当時一般に有名なモーニング娘。のメンバーといえば道重さゆみさんくらいで、あとのメンバーは誰一人知りませんでした。

小学生時代はまっていたモーニング娘。のメンバーは誰一人いなくて、ましてやその後目にする機会もあまりなかったので、バラエティーにたくさん出ている道重さゆみさんかBerryz工房の嗣永桃子さんしか知りませんでした。

MVを見た瞬間にわたしの知っているモーニング娘。とは全く別物ですごくびっくりしました。

わたしの知っているモーニング娘。といえば、歌詞やメロディーも特徴のある、ダンスも覚えやすいようなラブマシーンや恋愛レボリューション21のような曲がすぐに思い浮かびます。

ですが、めちゃくちゃキレのある激しいダンスとフォーメーション、今までのモーニング娘。とは違うメロディーと歌詞。そして何よりもすごいのが、こんな激しいダンスを踊りながら生で歌うということ。

普段カラオケなどに行って歌うときに、飛んだりしながら歌ったことないですか?それでもめちゃくちゃ息切れしながら音程を外しながら歌っているのに、こんな激しいダンスを踊りながら歌えるなんてすごすぎると思いました。

そこからいろいろなMVを身始めました。

特にライブ映像をたくさん見ました!

ライブはすべて生歌で迫力もあるし、パフォーマンスも毎回同じということがないので見ていて飽きないです!

モーニング娘。の場合ほとんどのメンバーがオーディションで選ばれるため、それまでは一般的な学生だった人が激しい競争のオーディションに合格すると芸能人になってしまうシンデレラストーリー!!(笑)

入ったばかりで歌やダンスがあまり上手ではなかったメンバーたちが、レッスンやライブをこなしていくたびに変化して覚醒していく姿!!(笑)

わたしはめちゃくちゃハマってしまいました!

モーニング娘。以外にも解散してしまいましたが、Berryz工房や°C-ute、アンジュルムやJuice=Juiceなどめちゃくちゃ実力のあるグループばかりでどのグループも個性があって見ていて楽しいです。

わたしはモーニング娘。の佐藤優樹さんという方がとても好きで、めちゃくちゃ天然&変わっている子でメンバーの中ではいわゆる”問題児”。

発言や行動など”?”がつくことが多いのですが、ライブになるとスイッチが入ったかのように変わってしまうすごい人です!

“本当に同一人物?”と思ってしまうくらいです。

モーニング娘。’19の最新曲”I surrender 愛されど愛”もめちゃくちゃかっこいい曲なので聞いて欲しいです!!

どのグループも実力しかないので、1度見てください!!

こんなに熱く語ってしまいましたが、次回も好きなもの第三弾を書かせていただきますので、もう少しお付き合いください!!!!

ぼりりん

Writer 石堀 慶 (いしぼり けい)

img_intro img

Written by: 石堀 慶 (いしぼり けい)

このスタッフで予約する

最新スタイル

間違いなし!ワンカール前下がりボ...

ハイライトで立体感アップ!動くロ...

前髪で個性アップ!ワイド&ラウン...

赤くなりたくない人発見!暗髪&ハ...

目立ちたい人、必見!!確実に目立...

好感度NO.1!清楚系ワンレンワ...

後ろから見られても綺麗!まとまり...

伸ばしかけの方にオススメ!ふんわ...

△ページの先頭へ戻る