塗り方に徹底的にこだわる『匠カラー』とは⁉️

2019-02-26(火)  投稿者:木原 武将   カテゴリー:ブログ,西長岡店

ヘアカラー大好き!!!!

 

世界一のスパニスト『スパ王木原』こと、

 

美容しょうへいの店西長岡店店長木原です!!!!

 

スパ王木原の自己紹介は

コチラをご覧くださいませ✨

↓↓↓↓↓

『スパ王木原の自己紹介』

 

 

 

 

なんでスパ王木原なの⁉

と思った方はぜひコチラをご覧ください✨

↓↓↓↓↓

『世界一のスパニストスパ王木原のご紹介』

 

 

 

 

 

 

 

今日はしょうへいの店が誇る、

 

 

 

 

『匠カラー』

ご紹介

 

 

美容師は日々お客様にヘアカラーを塗っているといつのまにか自分オリジナルのクセが出てきてしまい、正しい塗り方では無くなってしまいます。

 

 

 

 

なので毎月必ず塗り方の確認のトレーニングを

しています。

 

 

 

 

しかしこのトレーニング、

かなり気をつけることがあります。

 

 

 

 

 

なぜなら僕たちの行っているヘアカラーは

『匠カラー』

です。

 

 

 

 

 

 

僕たちの追求することのひとつに、

スタッフ全員がカラーリスト(ヘアカラーでお客様の人生を豊かにするである

というのがあります。

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

匠の塗り方

ができる人でなければなりません。

 

 

 

 

なので今日は

『匠の塗り方』

をトレーニング(*^^*)

 

 

 

 

 

 

いつもご来店くださっているお客様は

わかると思いますが、

 

 

 

 

僕たちの塗り方は、

 

 

ハケの角度に

気をつけている

 

ハケの圧に

気をつけている

 

コーミング

(クシをとかすこと)

に気をつけている

 

 

 

 

 

 

ということがあります。

 

 

 

 

 

 

 

ハケの角度によっては髪を傷めてしまいますし、

カラー剤が均等に乗りません。

 

 

 

 

ハケ圧(カラー剤を塗るときにかかる圧)

も同様です。

 

 

 

 

 

コーミングに関しては

一回コーミングするたびに髪は傷んでしまう

ということを理解しながらやります。

 

 

 

 

 

 

 

 

なので丁寧に丁寧に髪を扱うのです。

 

 

 

ヘアカラーはやれば

必ず髪を傷めます。

 

 

 

 

 

傷まないヘアカラーなんて

ありません。

 

 

 

その傷みをつくるのが美容師であっては

絶対にいけないです。

 

 

 

 

 

 

なので塗り方を徹底的に練習します(o^^o)

 

 

 

 

先日初めて匠カラーで染めるお客様に

 

丁寧にご説明させていただきながら

塗っていきました。

 

 

 

 

 

すると、

 

 

『今までこんなに丁寧にしてもらったことないです。

 

いつもは塗ってもらっている時に雑誌など見てたんですが、

 

塗っているところ見たくなっちゃいますね』

 

 

と、言っていただきました!!!!

 

 

 

 

 

 

 

僕たちの塗り方、

じっくり見てみてください✨

初体験の世界がそこにあります(*^^*)

 

 

 

 

 

傷みを最小限に抑えて

 

キレイな色味を乗せる

 

コレが『匠カラー』

 

 

 

まだ体験していない方は

ぜひ一度やってみてください✨

 

 

 

絶対にキレイになりますよ(*≧∀≦*)

 

 

 

 

 

 

ご質問、ご相談は

下の電話から予約WEB予約を。

 

 

メールでのお問い合わせは

nishinagaoka@syouhei.jp まで、

どしどしお待ちしております✨

 

 

Writer スパ王木原 (木原武将)(すぱおうきはら きはら たけまさ)

img_intro img

Written by: スパ王木原 (木原武将)(すぱおうきはら きはら たけまさ)

このスタッフで予約する

最新スタイル

伸ばしかけでもオシャレな雰囲気が...

ヘアアイロンで創るゆる巻きミディ...

パーマで創る外ハネミディアムスタイル

耳を出してピアスなどでオシャレを...

スタイリング方法も完璧にお伝えし...

『希望のヘアカラーにしたい方』へ...

ロングスタイルを軽やかに魅せるヘ...

初夏にオススメ『クールショート』

伸ばしかけのヘアでもオシャレを楽...

△ページの先頭へ戻る