お子様も大歓迎!安心してご来店ください。

2018-05-05(土)  投稿者:堀真古都   カテゴリー:ブログ,西長岡店

こんばんは。

しょうへいの店  西長岡店

カット☆真古都 堀真古都です。

ゴールデンウィークも終盤。今日は、

こどもの日!ですね!

長岡市の大手通りでは、 ホコ天になり、

子ども向けのイベントもやっていたようでした。

こどもの日といえば、

昔?私が小さい頃は、

『屋根より高い鯉のぼり』というように、

ご近所に、大きい鯉のぼりを掲げているお家が、何軒かありましたが、

最近では、あまり見かけなくなりましたね。

近年の、住宅事情もあるかと思いますが。

さて、当店、しょうへいの店でも、ありがたいことに

お子様カットに来店してくださる方もたくさんいらっしゃいます。

たまに、

『何歳くらいから、カットに連れてきても大丈夫ですか?』

という、質問をお受けします。

お応えは、

『何歳からでも大丈夫です!』

しょうへいの店では、

小さいお子様も大歓迎です!

その中で、お子様カットをさせていただくにあたり、

私たち美容師がこだわっていること、

気を付けていることがあります。

①スピィーディーにカットする。

②ハサミも刃物、大人のお客様以上

に気をつけてカットする。

③小さなお子様とはいえ、必ずお子様のやりたいスタイルを提供する。

この三つを心がけて、責任を持って

担当させていただきます。

①スピィーディーにカットする。

大人のお客様でも、長時間、椅子に座っているのは苦痛ですよね。

小さいお子様なら、なおのこと、椅子に座って、じっとしているのは、とても大変なことです。

『さあ、カットしますよ。』というところ、

『まだ終わらないの〜?』と、カットする前から、言われることも。

ですので、とにかく、スピィーディーに、手際よくカットするのが重要です。

かといって、雑にするわけではありませんので、御安心ください。

カット中も、楽しくおしゃべりさせていただいていると、

時たま、赤ちゃん喋りになっている時が…

気をつけなければ…

カット中に、気をつける大事なポイントです。

カットしていると、顔や首などに、細かいカットした毛クズがついてしまいます。

この毛クズが、チクチクと、かゆいのです!

このチクチクが嫌で、カットするのがキライ!というお子様がいました。

ですので、

カットした毛クズが首や洋服の中に入らないよう、

しっかりとクロスを付けさせていただきます。

髪の長い女の子が、2.3センチカットする分には、

カットした髪の毛が首の中に入る恐れはあまりありませんが、

髪の短い男の子は、チクチクと、首に毛クズが入らないように、

クロスの上からさらに、『ネックシャッター』という優れもの、首回りの毛クズを

絶対に中に入れないようにするものを付けさせていただきます。

そして、まだ一人で椅子に座ってカットできない!という小さなお子様は、

お父さんや、お母さんに

抱っこしていただき、

『親子合体型カットクロス!』

を装着させていただきます。

親子合体型カットクロスとは、一枚のカットクロスなのですが、顔を出す所が二つあり、

抱っこされたまま、カットさせていただくことができます。

2.3歳くらいになると、一人で椅子に座ってカットできるかと思います。

そのくらいの歳でも、

『お母さんから抱っこしてもらわないと嫌だ!』

というお子様は、もちろん抱っこでオッケーです。

②ハサミも刃物 、大人のお客様以上に安全にカットする。

お子様は、時にして、予想もしない動きをします。

いい子に鏡を見てカットさせてくれてるなぁと思っていると、急に、

ふっ!と顔を横にしてみたり、下を向いたり。

美容師さんが使っているハサミは、ふつうの一般のハサミと違い、とってもよく切れます!

よく切れないハサミだと、かえって髪を傷ませてしまう原因になるので、

切れ味が悪くなると、ハサミを研ぎに出します。(自分で研ぐ美容師さんもいるようですが、私は、ハサミ屋さんに研ぎに出します。)

ですので、

美容師さんのハサミは、肌にかすっただけでも、切れてしまいます。

私も、一年に一回くらい、自分で自分の指をカットしてしまいますが、

その時は、

いかに、カットさせていただいているお客様に気づかれないように、

何事も無かったかのように、

バンソウコウを貼りに、席を外します。

そこで、カットしてしまった時に、

『痛っ!』

と言ってしまうと、気づかれてしまうので、

平常心を保ちます。

スミマセン、話がそれましたが、

とにかく、刃物のハサミを扱う仕事!

ですので、絶対に間違いが無いよう、

正確に!的確に!カットさせていただきます!

③小さなお子様とはいえ、必ずお子様のやりたいスタイルを提供する!

一緒に来てくださる、お父さん、お母さんはもちろん、

小さいお子様とはいえ、必ず

どんなヘアスタイルにしたいか、必ず、カットをさせていただく前に、

カウンセリングをします!

まだ、小さいお子様だと、よく伝えられないお子様もいらっしゃいますが、

こちらから尋ねると、

『こんな髪型にしたい!』

という、やってみたいヘアスタイルがあります。

そこを汲み取って、一緒にご来店していただいている、お父さんやお母さんにも、

どんなヘアスタイルにしたいか、お伺いします。

たまに、やりたいスタイルが、お子様と

お母さんの意見が合わず、

どんなヘアスタイルにするか、まとまるまで、時間がかかった例もありました。

お母さんは、『とにかく短く!』

でも、お子様は、『短くしたくない!』

お母さんも、お子様も、どちらの要望も

お聞きしたいのですが、

ここで、無理矢理カットしても…

やはり、当の本人の希望も無視できません。

そこは、親子で話して、お二人の納得いく長さでスタイルを作らせていただきました。

男の子だったら『カッコよくして下さい!』

女の子だったら『かわいくして下さい!』

というお子様が多いでしょうか。

初めて美容院でカットします!というお子様。

初めて行く所は、小さいお子様であれば、

ワクワクもあれば、

痛いことするのかなぁ、怖いのかなぁと不安も多いと思います。

たまに、来た早々、何か嫌なことをされるに違いない!と

大泣きするお子様もいます。

でも、痛いことも、怖いこともしないよ!

カッコ良く、かわいくなるから大丈夫だよ!と、

お子様本人に納得してもらえるよう、

お伝えさせていただきます!

来店して、すぐに、

『はい。すぐにカットしますよ!』

だと、びっくりもするでしょうし、不安にもなると思います。

『カットするから、

この椅子に座って、タオルを首に巻いて、

このかわいいキティちゃんのカットクロスをつけるよ!』

お子様に納得してもらって、

初めて、ハサミを入れます!

『イヤイヤ!』というお子様を、無理矢理、

押さえつけてカットは、絶対にしません!

もし、泣いてしまい、

今日は、絶対にカットしたくない!と言うお子様であれば、私たち美容師は

カットできません。

そこは、本人の意思を尊重させていただきます。

以前、

絶対、絶対、意地でもカットしたくない!と言う男の子。

どう説得しても、何を言っても、泣きじゃくって、カットしたくない!と。

いま、思えば、当時3歳くらい、お昼寝の時間帯だったからでしょうか。

眠たかったのもあり、機嫌も悪くなり、

結局、カットできず、帰られて行きました。

後日、おばあちゃんが来店してくださった時、あの後どうだったか、お尋ねしたら、

やっぱり、カットするのが嫌で、

寝ている時にカットしたとのことでした。

そうでしたか…

美容院に行くのが、大人になって

トラウマにならないといいのですが。

私も小さいころ、

祖母に、とにかく、髪の毛を短くしなさい!と言われ、

モンチッチのように、短くさせられていました。

そのおかげで、よく、男の子と間違えられていました。

それがイヤでイヤで、

当時、幼心に、『なんでこんなに短い髪型にしなきゃなんだ…』と、心の中で思っていましたが、

祖母が怖くて、反抗できず、

しぶしぶやっていた記憶があります。

ですので、小さいお子様なりに、

自分がやりたいヘアスタイルにしてあげたい!

と思います!

ご拝聴ありがとうございました。

Writer カット真古都☆堀 真古都(ほり まこと)

img_intro img

Written by: カット真古都☆堀 真古都(ほり まこと)

このスタッフで予約する

最新スタイル

ミディアムカタハネスタイル

襟足スッキリ ハンサムショートヘア

センターパートショートヘア

ふんわりボブスタイル シースル...

フワボブ前髪短めアクティブスタイル

外ハネ お手入れカンタンショート...

ツヤ感たっぷり内巻きフワボブ

つやつやボブスタイル

大人かわいいショートスタイル

△ページの先頭へ戻る